tomoyaki BLOG

いちSEの学習記録

第1章 フロントエンド開発の潮流とVue『Vue3 フロントエンド開発の教科書』を読む(1/n)

Vue.jsを体系的に学ぶため、評判のよさそうなこちらの書籍を読むことにした。ハンズオンもあるようなので、今回は技術評論社のサイトからEPUB/PDFセットを購入してみた。

PDFからそのままリンクに飛んだりコピペできたりするので、この手の書籍は物理本よりPDFの方が便利かも。

メモ

第1章 フロントエンド開発の潮流とVue

JavaScriptの歴史とVueのようなフレームワークが登場した経緯について。

  • JavaScriptの登場(1995)、不遇の時代
  • GoogleMapの登場によるJavaScriptの復活(2005)とWeb2.0のはじまり
  • JavaScriptの仕様の乱立
  • JQueryの登場(2006)、ブラウザごとのScriptの違いを吸収してくれるように
  • ES5の登場(2009)、各ブラウザがECMAScriptへの準拠開始
  • HTML5の正式リリース(2014)、Edgeの登場(2015)
  • 各ブラウザのECMAScriptへの準拠完了
  • ES2015以降:モダンJavaScritptとよばれる
  • Node.jsの登場(2009)
    • JavaScriptエンジン(V8)をブラウザから切り離し、単独で動作するようにしたソフトウェアのこと。
    • ちなみにGeckoWebkit、Blink等はHMTLレンダリングエンジン。
  • ジョブズiPhoneFlashのインストールを許可しなかった*1
  • JQueryからのInversion of Control
    • ライブラリの活用から、JavaScriptフレームワークの利用へ
    • 「基本全てを書いて、部品を利用する」考え方から「基本の型は書かれていて、差分を書く」という考え方にシフトしていった
    • AngularJS(2009)→Angular(2016)
    • React(2011)
    • Vue.js(2014)
      • Vue3(2020)
        • 内部のソースコードが全てTypeScriptでリライトされた
        • 2022年2月にVue.jsと連携する主要モジュールのVue3対応が完了し、Vue3がVueのデフォルトとなった

歴史上の転換点がWeb魚拓で遡れるの、感慨深いな・・・。